障害者地域活動支援センターときめき

運営方針

  1. 利用者の主体性の尊重
    障害者の自立と社会参加を目指し、一人ひとりの可能性を最大限発揮できるエンパワメント支援を図る。
  2. 総合的な相談支援体制
    電話・面接・訪問によるきめ細やかな相談支援、ケアマネジメントによる社会基盤との連絡調整、障害者の権利擁護に積極的に取り組む。
  3. 地域福祉、普及啓発
    障害者・ボランティア・家族・地域住民等が、気軽に立ち寄れる地域づくりの推進をし、障害者の理解を深める普及啓発を図る。