児童発達支援センターひよこ園事業

理念

いきいきと生活できる環境づくり
家庭との連携

「いきいきと生活できる環境づくり」とは

「いきいきと生活できる環境づくり」の支援は、子ども達の豊かな生活の確保を目的としています。豊かな生活とは物が豊かでもなくその子どもが持っている能力でもない、その子どものモチベーションが高まる生活であると考えています。

その環境づくりの療育支援のポイントは

まず子ども達の特性・個性を理解すること。

  • 一人ひとりの子ども達が状況理解しやすい環境を設定。
  • 一人ひとりにあった生活日課の設定
  • 自助具の使用
  • 一人ひとりにあった方法で自分の気持ちを表現することを獲得する。

豊かな生活を通じて子どもたちの自尊感情を育てていくことをねらいとしています。

「家庭との連携」とは

保護者の皆さんと同じ立場で考えあい、学びあうことを連携の基本と位置付け、保護者の考え・価値観・家風を尊重する姿勢を持って連携を行います。